サービス業は悪いけどどう読み解くか?

連休明けの6日NY時間は、
ちょっとした事件が起きてしまいました。

きっかけとなったのが、
ISM非製造業景況指数です。

9月の利上げにつながるかどうかを見定める上で、
重要な指標とみなされていました。

しかし結果は51.4と予想を下回り、
かなりの低水準です。
おかげで9月利上げ観測は後退。

ドル円も103.3円から102円台まで
大きく落ち込んでしまいました。

だけど株価は、
9月利上げ観測が後退したことを好材料と捉え上昇。

どういう風に読み解けば
良いのか悩んでしまいますね。

さて日が明けて7日の東京時間です。

サービス業景況感の悪化の影響は、
間違いなく出てくるでしょう。

問題はどこまで下がってしまうのか?

チャートを読み解きながら、
しっかりと見極めたいものです。

FX会社のチャート機能

今後の為替レートの動きが読めるようになると、
FXトレードで利益を獲得できます。

為替って、殆どが小刻みな動きですが、
大きく動かないとFXは面白くありませんよね。

経済的な大きなニュースでもない限り
そんなことは起こりません。

そしてFXトレードをするにあたって、
為替の動きを漠然と見ていただけでは、
次にどう動くかなんて分かりませんよね。

ですから今迄の為替の動きの推移を
グラフ化してパターン化しながら
分析していくテクニカル分析が役立っていくのです。

でも自分でチャートを作りなんてできませんから、
FX会社のテクニカルチャートを頼りにしていくことになります。

ですからFX会社を選ぶときの選択肢として
重視しなければならないのは、
チャート機能のグレードとなってくるのです。

チャートって、FXでは良くでてきますよね。

FXは通貨レートの動きを予測していって
外貨の売買を行う投資ですが、
チャートを頼りに進めていくと
予測が立て易くなっていくのだそうです。

通貨レートの動きを知るには、
今までの動きをグラフ化したものが参考になるのです。

チャートを分析していくと
通貨レートの動きには何種類かのパターンがあって、
専門的には「テクニカル分析」と言って、
簡単には理解できませんが、
勉強していくとFXが深まっていきます。

FX専門家からレクチャーして貰うと
もっとFXは予測を確実なものにしていくことになるのです。

ネットサイトを見て行くと
グラフがたくさん並んでいて
「テクニカル分析」は難しそうですが、
FXを深めていってもっと楽しむには必要アイテムと言えそうです。

バイナリー口座チェック

バイナリーオプションは
fx口座がある業者のほとんどが提供していますが、
口座を持つためにはやはり新規で持たないといけません。

本人確認書類も必要ですし、
ネットからも申し込みはできますが、
間違えて入力すると開設できなくなってしまう嵌めに。

fxよりも資産などのチェックは甘いそうですけど、
猶予資金がゼロ、などという場合もかなり可能性は低い、
なんて知人も話してました。

でもバイナリーってfxと違って
ルールがかなり違うんですよね、

ここだと思っていたらまたこっちもいいではないか、、
こうなるとペイアウト率が20倍は必須、とか、
色々な業者さんで開設してしまうんです。

まずハイロータイプでオーソドックスなタイプ、
このパターンからやって見るのがお勧めです。

FXって、長期戦と短期戦のどっちが良いの

投資をしていくには、
長期戦もあれば短期戦もありますよね。

でも株式投資にしろFXにしろ、
人によって長期や短期のタイプに
分かれていくのでしょうか?

何事もじっくり考えて行動する人には、
長期戦が向いていて、
ああでもこうでもと考えていくのが楽しみのようです。

そして短期戦向きは、
てきぱきと売り買いをしていくタイプで、
反射神経のすばやい人向きのようです。

でも、それではどっちが、
FXで良い成績を出せるかとなるとどうなのでしょう。

あまりにも長期で考えて狙っていって、
大きく利益が出れば良いのですが、
最後の1日の判断が遅れて、
暴落ってこともありそうです。

そして、楽しみでやっているうちは、
問題はないのですが、
自己資金の範囲を超えてまで
踏み込んでいくことのないように、
上手に楽しみたいのが、株やFXのようです。

最近の為替取引・・・

最近パソコンの前にあまり座らない
生活が続いています。

なぜなら目に影響が強くなっているのと、
ちょっと気持ち悪くなってしまうんですね。

目についてはまばたきを
しっかり維持しないと
ドライアイがひどくなったり、
大きな文字もうつらうつらとして読めない。。

これではFXトレードをするわけにもいきませんし、
気持ち悪くなると座っていられません。

というわけでどこが病気なのか
しっかりチェックするまでは為替取引はお預けです。

でもタイミング的にFXの良書を読みたいかなと、、
図書館でもいいですし、電子書籍リーダーであれ
ば画面のタイプが全然違いますから読めます。

EインクでFXをじっくり勉強するなど、
考えてみればかなり貴重な時間ですから
amazonにリーチです。

ヨガとFXトレード

最近システムトレードに興味心身です。

やはり
FX初心者でも簡単に始められるシステムができてますし、
チャート睨んでいることも少ないでし。

そこでそのあまった時間を
色々と家事などにも手をだしてますが、
体力が減ってきたな~、と実感してます。

クリックとたまにストップ入れたりの数値打つだけ、
後はカップラーメン食べてるだけ、
ほぼ平均してこのような日常が続けば、
やはり萎えるところは萎えます。

というわけでシステムトレードしながら体力増強しよう!
と一石二鳥を考え、ヨガマットの上からチャートを眺めています。

ヨガトレーダーになってから1週間がたちますが、
なかなか快調なんです。

やはり集中力がチャートに乗り移ってしまうのでしょうか。

裁量でも一応狙っていますが、
骨を怪我しないようにだけは要注意です。

夜勤トレード

FXで勝ちたいな、
と思った時は勝てる、
このようなこと滅多にありません。

チャートを見ているわけでもなく
読んでいるような実感こそありませんが、
自分の中のアンテナはどうなっているか
わかったものではありません。

最近夜勤の勤務が入ったんですが、
夜勤も影響があったんでしょうか。

休憩時間に夜中の空を眺めていると
かなりリラックスできます。

午前中に東京市場で大きなチャンスあり!
自分の中で取れなかったことがない動きです、
50pips取ってからまた寝て、
そして夜勤、だんだん生活のパーツが小刻みになってきて、
ちょっと不安かなという感じもしますが、

切れ目を作ってノートレードも入れて、
コツコツやっていくしかありません。
欧州時間もやりたいですね。

今1ドル100円でこれからのFXは?

昔、1ドルは100円あたりで
固定されていた時期があって、
ガソリンも1リットル100円でした。

でも、それから次第に円高になっていって、
70円代まで上がり続けたのです。

そして、その円がここ数カ月で
一気に100円代に戻りました。

この動きをFXとしてどう見るかですが、
100円台は、日本の世界経済の中で
の基本的な位置で、このまましばらく
このまま100円で、その後は再び
世界経済のバランスの中で、
円はふたたび少しずつ円高へ
向っていくと予測されるのです。

ですから、これからFXを始めていこうとする人は、
100円を出発点と考えていけば、
予測が立て易くなっていきます。

FXを始めたばかりの私は、
そんなことを考えてしまいました。